関西CX 第9戦みなと堺グリーン広場

0

    大満です。

     

     

    関西CX 第9戦みなと堺グリーン広場

    さて、僕個人としては今年一発目のレース

    年末のお店の大盛況&年明けの風邪の影響で約1ヶ月バイクに跨っていなかった僕。

    「こりゃやべぇぜ…」

     

    朝起きたら自宅の周りは一面雪景色。

    チームのLINEをチェックすると誉田が雪で来れないとの弱音発言。

    しゃーなし誉田の自宅まで迎えに行くことに。

    家の前の坂道をズリズリ滑りながら下り、雪にドキドキしながら誉田宅へ。

    誉田宅近所で気をぬいたのか交差点で車が滑り一回転。

    「こりゃやべぇぜ…」

     

    レースはというとスタートして数秒後に目の前で落車発生。

    僕もがっつり巻き込まれほとんど最後尾スタートに。

    久々の自転車は心拍も上がらず気持ちよいサイクリング状態

    途中ステップからの飛び乗りでCX人生初めての金ボールクリッをメイク!

    イケるやんと思ったのもつかの間

    15秒くらいのタイムラグがあって下腹部がズーーン

    「こりゃやべぇぜ…」

     

    決局なにもレースにならないまま久々のレースは終わった。

     


     

     

     

     

     


     


     

     

     


     

    -----------------------------------------------------------------------
    【第8戦 希望が丘文化公園 】

    1位 樽田         34:47/+2P

    2位 屋所             35:21/+1P

    3位 北川       35:32/   0P

    4位 大満       38:33/−1P

    5位 誉田       39:15/−2P

     

    【総合順位(ポイント制)】

    1位 屋所             +11P

    2位 樽田             +10P

    3位 北川                +2P

    4位 大満                 0P

    5位 誉田       −11P

     

     

     

    CRANK

    大満 隼嗣

     

     

     

     

     

     


    関西CX 第8戦希望が丘文化公園

    0

      大満です。

       

       

      関西CX 第8戦希望が丘文化公園

      年明け一発目のレース

      気合を入れていくはずが風邪を引いてしまい、まさかのDNF

      僕が40℃前後であの世とこの世の間をさまよっている間、

      チーム員はレースを頑張っていたようです。

      今回のピンチヒッターはGKB(ご意見番)こと北川です。

      この北川、意外と隠れファンが多いんですよねぇ

       

       

      -----------------------------------------------------------------------

       

       

      北川a.k.aご意見番 です。

       

      代打ブログ、エントリーナンバー4!

      乱文書かせて頂きます!


      今回のシクロは、チームオーナー大満が体調悪化で欠場。

      屋所も二日酔いでレース直前回避(死ね)。

      樽田、誉田、北川のいささか寂しいメンバーでの参戦に。
      樽田の英国車(笑)に迎えに来てもらい、いざ出発。


      滋賀も3回目になると慣れたもので早めに到着。

      「寒っ!」
      お腹が冷えたのか、会場につくなりトイレをせがむ誉田と一緒にトイレを済ませた

      その後、グルっと歩いてレース会場を一周。
      今回はそんなにたいした難所はねぇな!(ニヤリ)と確認。
      そんなこんなで試走開始時間になり、急いで着替えて試走スタート。
      でも歩きと車上の景色はやっぱり違う。
      ”斜面を横に走らされるやつ嫌い”
      ”ギュンって下るやつ怖い”
      ”こけて木の杭が内臓に突き刺さったらどないしてくれんねん”
      など頭を過っていつものように試走ブルーに。
      そして先行A組の樽田誉田をスタート地点まで見送りに。

      S__23543915.jpg

      誉田も緊張ぎみ。



      スタート後は絶対外せないシケインの撮影にダッシュ。
      ファンもいるという樽田のシケイン(笑)。

       

      S__23543916.jpg

      今回は操り人形風?
       

       

      S__23543917.jpg

      女性レーサーに抜かれる誉田
       

       

      A組のレース途中で僕の出るB組のスタート地点へ移動。
      スタートを待っているとレースを終えた樽田が戻ってきたが、頑張り過ぎたせいか酸欠で放心状態。
      「よ〜いスタート〜〜!」


      S__23543918.jpg

      レースはそれなりに調子よかったみたい。

      4周もあっという間に終わってあと一周あると思ってたくらい。
      レース後は今にも雨粒が落ちてきそうなのでいそいそと撤収。
      帰りに王将に寄って、樽田の恋バナ(笑)に花を咲かせつつ昼食を済ませ、CRANKに立ち寄って解散。
      で、家に着いてからが最悪。
      着くなり寒気がしてきて、胃もむかむかしてきて全てリバース!
      樽田の英国車(笑)の中じゃなくてよかった。
      熱も出てきて完全に風邪を引いてしまいました。。
      気付けば残り2戦。
      C3への道は果てしなく遠い。
      #GKBcx

      -----------------------------------------------------------------------
      【第8戦 希望が丘文化公園 】

      1位 北川         35:25/+2P

      2位 樽田             36:37/+1P

      3位 誉田       39:51/   0P

       

      未出走 大満・屋所                0P

       

      【総合順位(ポイント制)】

      1位 屋所             +10P

      2位 樽田                +8P

      3位 北川                +2P

      4位 大満               +1P

      5位 誉田         −9P

       

       

       

      CRANK

      大満 隼嗣

      北川 英史


      ラインなど入れてみては如何でしょう?

      0

        大満です。

        2000年も17年も経つといろんなスタイルが出てくるもので、

        最近では分け目にラインを入れてしまうという斬新なスタイルがあります。
        ヨーロッパやアメリカでは結構当たり前にされているスタイルなんですが、日本ではまだちょっと先取り感がありますよね?
        でも当店でも去年くらいから結構増えてまいりました。


        こんな感じで短くて本来分け目をつけにくい様なスタイルでもこの通り。

        細ぉぉぉくラインを入れてあげるだけでグッと印象が良くなります。
        パッと見た感じではまずラインが入っている様には見えないのがポイント!

        逆にラインを入れる事によりフォーマルにさえ見えます。

         



        決してEX◯LEのア◯シの様なオラオラ感じゃないってとこが重要です!
        あれはあれでアリなのでしょうがはっきり言ってビジネスマンには不向きです。

        でもこのラインならビジネスマンの方でも大丈夫、むしろ入れるほうがピシッと決まるかもしれません。
         


        こちらは当チーム員の屋所ですが、こちらもラインが入っていますが皆さん分かりますか?

         

        2017年今までにないはこんなオシャレなスタイルも挑戦してみては如何でしょうか?
         

         

         

        CRANK

        大満 隼嗣


        新年ご挨拶 & 年始の営業のご案内

        0

           

           

           

          新年あけましておめでとうございます

           

           

          旧年中は格別なご高配を受け賜り、厚く御礼申し上げます。
          本年も、皆様にご満足頂けるサービスを心がける所存でございますので、
          何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。

          新しい年が皆様にとって素晴らしい年でありますように。
          本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

           

          ※年始は4日までお休みを頂きまして、5日は13:00〜、6日からは通常営業です。


          関西CX 第7戦烏丸半島

          0

             

            大満です。

             

             

            関西CX 第7戦烏丸半島

            もちろん今回も仕事で参戦できず…

            でもいいのです。

            仕事が好きだから!仕事が楽しいから!皆様にお会いできるのが嬉しいから!

            今回は誉田にさっぱりとしたレースレポートを書いてもらいました。

            毎回レースが終わると不貞腐れている誉田。

            来年はレース後に笑顔になれるか!?

             

             

            ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

             

            誉田です。

             

            今回も樽田の英国車に4名分の自転車を載せて出発。

            いつもいつも、あざーっす!

            車内では、いつも通り北川による軽妙なトークが炸裂し、微妙な盛り上がりの中、烏丸半島へ向かう。

             

            会場へ到着しいつも通りコースの見学をする。

            途中トイレに寄ったため遅れた僕と屋所へ、先行していた北川の一言。

            「この先地獄やで。」

            烏丸半島名物の地獄のキャンバー区間が僕たちを待ち構えていた。

             

            C4Aでは樽田と屋所が出走。

            TEAM CRANKで連勝街道まっしぐらの樽田、

            序盤は上位に位置していたが、

            周回を重ねるごとに順位を落とし最後は屋所に抜かれたようだ。

             

            C4Bでは北川と僕が出走。

            北川に食らいつこうともがくが、2周目くらいで置いていかれてしまった。

            周回を重ねるごとに降車区間でフラフラになり、押しながら脚がもつれてしまい転倒、、、なんて情けないレース展開。

            相変わらず良いところのないままレース終了。

             

            2016年のレースは今回で終了。

            勝負にすらならないレースを続けてしまい、情けなさだけが残る。

            そんな自分にもレース中には多くの声援やヤジを飛ばしてもらい、感謝の気持ちでいっぱいだ。

            来年は少しでも今より前に行けるように頑張りたいと思う。

             

             

            ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

             

             

             【第7戦 烏丸半島】

            1位 屋所         34:33/+2P

            2位 樽田             34:56/+1P

            3位 北川       36:09/   0P

            4位 誉田       38:47/ー1P

            未出走 大満                         0P

             

            【総合順位(ポイント制)】

            1位 屋所               +10P

            2位 樽田               +7P

            3位 大満               +1P

            4位 北川                0P

            5位 誉田         −9P

             

             

            S__58302476.jpg

             

            S__58302475.jpg

             

            S__58302474.jpg

             

            S__58302473.jpg

             

            CRANK

            大満 隼嗣

            誉田 享

             


            関西CX 第6戦ビワコマイアミランド

            0

              大満です。

               

              関西CX 第6戦ビワコマイアミランド

              12月は2戦目

              僕が欠場真っ最中ですがチームは頑張ってくれています。

              今回も僕の代わりに、普段は比較的無口なチーム員の屋所がレースレポートを書いてくれました。

              前回の樽田といいなんか新鮮でええですねこの感じ。

               

              ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

               

              屋所です。

               

              前回に引き続き、多忙の大満に代わり代筆させていただきます。

               

              関西CXも後半戦に入った第6戦目の会場は「滋賀県野洲市 ビワコマイアミランド」

              今回は大満に加え、コンダトールが風邪でダウンということで

              CRANK花の独身トリオ 北川・樽田・屋所の三名での出陣となりました。

               

              いつものように樽田の英国車(笑)にマシンを積み込み、まだ暗い早朝の中を出発。

              約2時間ほどでマイアミ浜へ到着し、試走備えて準備をすることに。

              今回、私はいつものSSCXではなくファットバイクで出場することに。

              理由はもちろん、マイアミ浜の特徴でもある琵琶湖沿いの砂浜コースが

              ファットバイクでは有利であると聞いたためである。

               

              いざマシンを駆ってコースを下見に!という時に事件が起こる。

              久しぶりのファットバイクの為か降りようとした際に横にポテッと転げ落ちたのである。

              まさかの出来事に「今日はヤバいかも…」という不安が過ぎりつつも

              一度車の元へ戻ると今度は北川がタイヤの空気圧を下げようとした所、

              キャップ諸共バルブを回した結果バルブが吹き飛んで無くなってしまうハプニング。

              試走直前になって見つかったものの、幸先悪い出来事が続き不安は増すばかりであった。

               

              試走が始まり、ファットバイクで砂浜を蹂躙してやんぜ〜と意気込んでいたが

              予想を超える砂浜のコースに四苦八苦し、空気圧の調整もままならないまま試走が終了した。

               

              今回の振り分けは樽田がC4A、北川・屋所がC4Bという振り分けに。

              前回の好走もあり、比較的に上位シードからのスタートの樽田でしたが

              砂浜のコースに手こずったようで、特に2週目の砂浜では足が棒になったという程悪戦苦闘してました。

               

               

              しかしそんな中でもシケインではちゃっかり笑いを掻っさらっていくズルいお方です。

               

               

              そしてC4Aが終わる前にC4Bの北川と私がスタート地点へ。

              今回は19番手からスタートということで順番を待ち、そして呼ばれる19番。

              しかしここで思わぬ事件が発生したのである。

               

              係りのお姉さんにゼッケンを見せ、並びに行こうとした時

              お姉さんに呼び止められたのである。

              てっきりファットバイクは珍しいからツッコミでも来るかなと思いきや、

              「このバイクだと最後尾からのスタートになります」

               

              ・・・・・!?

               

              まさかの出来事に呆気にとられ、何も言えず素直に最後尾へ…

              どうやらMTBなどは基本最後尾からのスタートのようで最後尾には

              同じようにMTB乗りの方が沢山いらっしゃいました。(誰か教えてよ!

               

              そしてレースは参加者60名程の最後尾でスタート。

              タイヤの大きさもあって、木の根っこを気にせず乗り越えていくファットバイクでいざ砂浜へ!

              …でしたが目に入ってきたのは試走時とは違う、波打つようにうねった砂浜でした。

              何とか乗りながら走破できたものの、他の担いでいた選手と然程速さは変わらず、

              むしろママチャリとほとんど同じ重量であるファットバイクに

              あまりアドバンテージを感じ無いまま、レースは26位という結果で終わった(北川 44位)

               

              残念な結果ではあったがレース中やそれ以外でも多くの方々から声援やツッコミを

              多くいただけた事がファットバイクで参戦した甲斐があったと思いました。

               

              ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

               

               【第6戦    ビワコマイアミランド】
              1位 樽田         27:19/+2P
              2位 屋所             27:32/+1P
              3位 北川       30:03/   0P

              未出走 大満                         0P

              未出走 誉田                         0P

               

              【総合順位(ポイント制)】
              1位 屋所               +8P
              2位 樽田               +6P

              3位 大満               +1P
              4位 北川                0P

              5位 誉田         −8P

               

               

               

               

              CRANK

              大満 隼嗣

              屋所 太一


              2016年CRANK忘年会 

              15

              大満です。

               

              先日、阿波座にあるもつ鍋屋さん「もつ鍋 暖屋」でお店の忘年会をやりました。

              楽しかったわ、おいしかったわでとても幸せな時間が過ごす事が出来ました。

              お忙しい中、沢山の方々にお集まりいただきありがとうございました。

               

               

              そうそう、今週くらいから来週にかけて皆様も忘年会がピークに差し掛かるのではないでしょうか?

              当店でもお昼過ぎ〜夕方頃にかけて忘年会の前にカットにいらっしゃるお客様が増えて参りました。

              忘年会にて、なかにはには2016年今年最後の顔合わせになる方もいらっしゃると思います。

              もちろんCRANKではシャンプー&セットのみでのご予約も承っております。

              カットはもう少し年末ギリギリにしたいというお客様でも大丈夫です!

              髪型をビシッとキメて良い印象で今年を締めくくってみてはいかがでしょうか?

              あ、Xmasパーティーやコンパの前にもシャンプー&セットはオススメですよ!

               

               

              それにしても、もう一年が終わるんですね(汗)

              来年はどんな一年にしましょうか?

              今からお店も自転車も楽しみで仕方ありません。


               

              もつ鍋暖家(だんや)

              大阪府大阪市西区江之子島1-6-8

              シャンピア阿波座 1F

              06-7660-3315

               

               

              CRANK
              大満 隼嗣


              関西CX 第5戦美山

              0

                大満です。

                 

                関西CX 第5戦美山

                自分が出場できない悔しさはあるが、チーム員が頑張っている事に嬉しさを感じる。

                あと2戦は僕は参戦できないが是非とも引き続き頑張ってもらいたい。

                レースを走っていない自分に何も書く資格はなく、

                今回のレースレポートはチーム員の樽田にお願いした。

                いつもとは違う感じで楽しんでください。

                 

                ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                 

                樽田です。

                今回は大満以外のメンバーで参戦する事に。
                勿論いつものランクル号も無いので、僕の車に4名分のシクロバイクを積んで会場へ。
                全員車に乗り込んでさぁいくぞ!

                となったところで、屋所が開口一番、「今日のレースってどこでしたっけ?」と。
                おいおい、ヤル気あんのか!?道中は高級レザーシートに包まれ皆爆睡。
                さて、今回のレースコースは木の幹が路面に剥き出し、マッドコンディション箇所が多く、MTBライダー有利か。
                誉田以外の3人はC4Aで出走。
                レース直前はかなり寒く、何故かプロレスでウォームアップ。

                 


                レース展開はと言うと、コケるコケる。

                ゼッケン10をつけてスタートした屋所だったが、僕の目の前でコケる。
                兎に角皆コケまくりのレース展開。
                僕は10番手位で2周目を走っていたが、目の前の選手がコケて、その上に乗っかって派手にコケる。
                直ぐに起き上がってさぁ行こうとした途端、

                「あれ?」

                ハンドルが左に曲がってる!

                元に戻らん!
                そこからは真っ直ぐ走ってるつもりでも左に寄ってしまい上手く走れない状態。
                それでも他の2人が追ってこない。
                どうやら2人もコケにコケまくったらしい。
                Bで1人出場した誉田は安全運転で泥場もコケない!

                終始マイペースで駆け抜けていた。

                笑 今回はチーム内争いは白熱しなかったが、コケた思い出が強く残ったレースとなった。

                次回は砂浜のあるコースに初チャレンジ。
                砂地獄に吸い込まれるのは誰か…

                 

                ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                 

                【第4戦    マキノ】
                1位 樽田         35:03/+2P
                2位 北川             35:21/+1P
                3位 屋所          35:35/0P
                4位 誉田              38:29/−1P

                未出走 大満                  0P

                 

                【総合順位(ポイント制)】
                1位 屋所               +7P
                2位 樽田               +4P

                3位 大満               +1P
                4位 北川                0P

                5位 誉田         −8P







                 


                CRANK

                大満 隼嗣

                樽田 章


                今年も季節外れの桜が咲いています。

                0

                  大満です。

                   

                  最近朝出勤するとお店のウッドデッキが前の公園の桜の木の落ち葉でえらいことに。

                  毎朝出勤して最初のお仕事は落ち葉の掃除です。

                  毎年最初は面倒臭いなぁと思うのですが慣れてくると毎朝しないとどうも調子が上がってきません。

                  もはや自分のライフワークになっている今日この頃です。(お昼過ぎには既に落ち葉だらけになっているのですが…)

                  そうそう、毎年ここの桜はこの時期に花をつけるんです。

                  まだちらほらですので是非お立ち寄りの際は探してみて下さいね!

                   

                   

                   

                   

                  大満 隼嗣


                  関西CX 第4戦マキノ

                  0

                    大満です。

                     

                    関西CX 第4戦マキノ

                    前日仕事を終え準備やらなんやらやっていたらもう起きる時間。

                    マキノよ遠いよ…

                    この日は大阪も夜から霧が濃かったが、奥琵琶湖はもっと濃く5m先が見えないくらいで

                    昔こんな状況の中、車を相乗りして仲間達と行った四つ打ちガンガンのレイブを思い出した。

                    到着してみれば腹に響く低音はやはりなく、

                    変わりにあったのはマキノのスキー場の斜面に綺麗に特設されたCXコースだった。

                     

                    今回は1日お休みを頂いての参戦だったため比較的ゆっくりする事ができた。

                    いつもは見れないC1のレースを観戦できたのはとても刺激的で、

                    燃えたぎっている僕のCX熱をさらに熱させた。

                     

                    C3のレースも面白かった。

                    これ本当に一つ上のカテゴリー?

                    八ヶ岳の辻啓やSKRKの高田君などがとても遠い存在に感じた。

                     

                    さて、僕たちTEAM CRANKのレースといえば、

                    屋所がまさかの1列目スタート

                    僕と樽田は2列目

                    誉田は3列目

                    北川はシード権がなかったので後ろの方で埋もれていた。

                    結果的にいうと抜かれまくった。

                    まぁほんと抜かれて抜かれまくったレースだった。

                    チーム員の屋所というと、奴は一人カッ飛んでった!

                    でもそんな事はどうでもよいくらい、僕と樽田は一騎打ちのレースの中のレースで熱いデットヒートを繰り広げていた。

                    2週目前半までは視界も狭く何も考えれないくらい必死だったのに、

                    2週目中盤から何故か急に視界が開けた。

                    (霧が濃すぎて役に立たないサングラスを川上さんに投げつけたせいではないと思うのですがw)

                    目に飛び込んでくるものに色がつき、

                    耳にはうるさいくらいに沢山の音が飛び込んできた。

                    そうなると今自分が何をすべきなのか、冷静に頭で考える事ができた。

                    どうしたら目の前の樽田に勝てるのか?樽田の心をへし折る為にすべき事は?

                    この後からは樽田に勝つ事だけを考えて走った。

                     

                    僕は12月はCXはお店の関係上お休みです。

                    ですが、TEAM CRANKは今年残りのレースももちろん参戦しますので応援よろしくお願い致します。

                     

                     

                    【第4戦    マキノ】
                    1位 屋所         27:49/+2P
                    2位 大満             31:28/+1P
                    3位 樽田          31:40/0P
                    4位 北川              33:07/−1P
                    5位 誉田        35:43/−2P

                     

                    【総合順位(ポイント制)】
                    1位 屋所               +7P
                    2位 樽田               +2P

                    3位 大満               +1P
                    4位 北川               −1P

                    5位 誉田         −7P

                     

                     

                    IMG_1799.JPG

                     

                    IMG_2030.JPG

                    Photo:Kei Tsuji

                     

                    IMG_2036.JPG

                    Photo:Kei Tsuji

                     

                    IMG_2003.JPG

                    Photo:Yoshihiro Takamaru

                     

                    IMG_2037.JPG

                    Photo:Kei Tsuji

                     

                    IMG_2040.JPG

                    Photo:Kei Tsuji

                     

                    IMG_2041.JPG

                    Photo:Kei Tsuji

                     

                    IMG_2043.JPG

                    Photo:Kei Tsuji

                     

                     

                    CRANK

                    大満 隼嗣

                     

                     

                     


                    | 1/21PAGES | >>

                    calendar

                    S M T W T F S
                       1234
                    567891011
                    12131415161718
                    19202122232425
                    262728    
                    << February 2017 >>

                    mobile

                    qrcode

                    links

                    profile

                    selected entries

                    categories

                    archives

                    recent comment

                    recent trackback

                    search this site.

                    recommend

                    others

                    powered

                    無料ブログ作成サービス JUGEM