CRANK RIDE 〜小豆島〜(後編)

0


    住宅街の細い道を抜けると地元の方以外あまり知られていない良い坂があるんです!
    寒霞渓の前に軽く身体を温めとくのにピッタリです。
    G0047238.JPG

    G0047252.JPG

    G0047289.JPG

    G0047318.JPG

    G0047325.JPG

    G0047380.JPG

    G0047389.JPG
    後ろの方に小豆島大観音がみえる。
    あの観音様は確かスリランカかどっかのお寺からお釈迦様の歯を寄贈されたのを記念して建てられた観音様だったはず。(うる覚えなのであっているかどうかは保証できないです。)
    お腹の中にはエレベーターがあり、口元が展望台になっているらしいがまだ一度も行ったことはない。

    さぁ、泣いても笑っても、ここからが今回のメインイベント寒霞渓の登り口。
    頑張っていきましょう!
    G0047399.JPG

    G0047455.JPG

    IMG_9338.jpg

    IMG_9339.jpg
    猿発見!!
    まぁ箕面でよく見ているので珍しくはないのですが、箕面の猿と違って少し大人しいように感じた。
    猿を横目にどんどんと標高が上がっていく。
    淡々とのぼるとついにこの標識が。
    IMG_9340.jpg
    小豆島名物3.5km/18%注意!
    はぁ、分かっちゃいるけど見るとテンション下がるわー。
    G0047509.JPG
    ありとあらゆるところに急勾配注意の標識。
    ブレーキ過熱、ローギア使用って。
    そらこんな斜度ずっとブレーキかけながら下ったら熱ダレするわな。
    これって油圧式のブレーキの場合やはり危ないのかなぁ?
    と登りながら考えた。
    熱でブレーキオイルの中に空気が発生してブレーキスッカスカなんて考えると恐ろしい。
    自転車にもエンブレプリーズ!
    G0047520.JPG
    気を紛らわすためにいろいろ考えても斜度は緩むわけもなく、腰に重い感覚を感じながらただ耐える。
    G0047528.JPG
    後ろからイタリア人な岡さんが煽ってくる。
    G0047530.JPG

    G0047548.JPG

    G0047591.JPG
    回転を少し緩め休みたいところを、後ろに誰かいてるともの凄いプレッシャーで休めない(汗)
    あっ、山頂かな?
    ちがーう。
    おっ、次が山頂だな!
    ちがーう。
    少し緩むと見せかけてまたグッと上がる。
    永遠とその繰り返し。
    岡さんと「次山頂じゃなかったら休憩しません?」なんて弱音を吐いてみたが、なんとかそこが本当の山頂だった。
    助かった。。
    G0047611.JPG

    IMG_9343.jpg
    着々とみんな登ってくる。
    それにしても山頂は寒い。
    下界とは大違い!
    ブルブル震えながら待っていると一番びっくりな人間が思ったより速く上がってきた。
    IMG_9350.jpg
    ざねりん。
    今井さんのサポートを受けながらもしっかりと登ってきた。
    IMG_9352.jpg
    もうふらっふらだがなんとか頑張ってる。
    これには待っていたみんなも驚いた!
    絶対押しが入ると思っていたのにちょっと見直しました。
    IMG_9355.jpg
    今吉さんもいい笑顔で登ってきました。
    彼女のすごいところはどんなにしんどくても笑顔でいれること。
    これは人として素晴らしいことです。
    僕も見習わなければ。
    G0057652.JPG

    G0057657.JPG

    G0057668.JPG
    ちゃんとみんな登りきり展望台へ。
    IMG_9362.jpg

    IMG_9358.jpg
    そして僕たちが頑張った結晶がこれです。
    IMG_9364.jpg
    どやっ!
    IMG_9363.jpg
    どやっ!!
    IMG_9360.jpg
    どやーっ!!!
    自分たちの脚でここまで登ってくるとさすがに登ったなぁってしみじみ感じてしまいます。
    せっかくなので近くにいたおじいちゃんに記念撮影をお願いしました。
    IMG_9397.JPG
    じっちゃん、指よ!指っ!
    (Photo:松本さん)
    松本さんがパノラマ写真を撮ってくださっていました。
    G0067673.JPG
    どこかみんな誇らしげではないですか?
    G0067680.JPG

    G0067701.JPG

    G0067712.JPG
    この後、寒霞渓の山頂にあるロープウェイ乗り場まで移動してそこでお昼ご飯に。

    あっ、お昼の写真撮り忘れた。

    って事でワープ!
    G0087764.JPG
    お腹もいっぱいになりたっぷりと楽しませて頂いた寒霞渓に別れを告げ、坂手港を再び目指す。
    G0087847.JPG

    G0087885.JPG
    安田さん、モールトンで寒霞渓を登り、今度はモールトンで寒霞渓下る。時にモールトンでグラベルも。
    多分日本一、いや、世界一モールトンを酷使されている方かもしれない。
    この下りが結構テクニカル。
    コーナーにカーブミラーがあるところとないところがある。
    おかげでコーナーも恐る恐る下る。
    CRANK RIDEで僕は下りはなるべく安全に下る。
    せっかくの下り、少しスピードが物足りないという方もいるかもしれないが、こういう下りを集団で攻めると結果はどうなるか見えている。
    目と心臓をギンギンにしながら下るのも楽しいが、遠心力とタイヤの心地よいグリップ感を感じながら下るのも悪くない。
    G0087954.JPG下界に降りるとやはり最初に感じるのは気温差。
    少し暑いくらいだ。
    G0087975.JPG
    また湾岸線を走る。
    最後はみんなでワイワイ雑談でもしたなら坂手港を目指そうって言ったのに、今井さん、通称悪井がじわじわとペースを上げる。
    そして極め付けがハマさん。
    言葉で表すなら、
    「ドッカーーーーーーン!!!!」
    遂にハマさんに火がついてしまった。
    強烈なアタックに皆んな必死に追いかける。
    G0087991.JPG
    集団はバラバラになり
    G0087993.JPG
    一人ちぎれ
    G0088008.JPG
    もう一人ちぎれ
    G0088012.JPG
    やっとペースを落としたハマさんに追いつく。
    はいっ!
    今日の脚もう終了ーーー!
    閉店ガラガラーーー!
    おやすみなさーい!
    G0088070.JPG
    ここは毎年小休憩しているポイント。
    ペースを上げすぎたため後続とかなり差が開いてしまったのでここで待つ事に。
    G0088073.JPG

    G0088079.JPG

    G0088101.JPG
    今井さん
    元はと言えばこの悪井が原因だったような。
    ホンマしんどかったー、寒霞渓よりこの数キロがしんどかったー(笑)
    IMG_9406.jpg
    ほらみんなぐったり。。
    G0098104.JPG

    G0098158.JPG

    G0098160.JPG

    G0098166.JPG
    ここも毎年訪れている佃煮屋さん
    ここの塩ソフトがうまいんすわ!
    (Photo:今吉さん)
    いやぁ疲れた身体にはこのソフトクリームが染み渡るわーっと思っていると背中に視線が。
    G0098217.JPG
    いや、やっさん怖いから。
    マジで。
    G0108219.JPG
    坂手港はもう目と鼻の先。
    最後のコンビニでフェリーでの食料と飲み物を調達!
    G0108221.JPG
    多分ざねりんの袋の中にはビールしか入ってないのだろう。
    G0108238.JPG

    G0108258.JPG

    G0108264.JPG

    G0108266.JPG
    坂手港に無事帰って来ました!!
    疲れたー!
    でも楽しかったー!

    コインロッカーで各自自分の荷物を取り、フェリーが来る間少しゆっくりする。
    PB030299.jpg

    PB030300.jpg
    レーパンでウロウロざねりん
    洒落てます。
    PB030303.jpg
    今年のトレンドはこれですね!

    ちなみに去年のトレンドはこれ。DSCN3826.JPG
    DSCN3825.JPG
    今年は産休中で参加できていない僕の妻。
    来年はまた一緒に小豆島を走りたい。

    またどこからか視線を感じる。
    PB030298.JPG
    やっさん。
    ホンマに怖いって。。
    やめてーや、意外と僕怖がりやねんで。
    PB030301.JPG
    だんだんと小豆島とお別れする時間が近づいてきた。
    PB030306.JPG

    PB030304.JPG
    僕たちを現実世界に引き戻しにきたフェリー。
    もう少しこの島にいたい。
    毎回そんな気持ちになる。
    PB030308.JPG

    PB030309.JPG
    ゲートは開いた。
    さぁ、現実に戻ろう。
    最後に後ろを振り返った。
    遠い向こうに僕達が登った山(寒霞渓)が見える。
    この島の魅力は何なんだろう?
    その答えを探すために僕たちはまた来年も必ずこの島に戻ってくる。
    ありがとう小豆島!


    あっ、そうそう。
    帰りのフェリーでも場所取りが命。
    今回は高松から乗ってこられている乗船客も多いので一部坂手港からの乗船客用にフロアをフェリー側がとってくれているものの、やはり行きと同じくダッシュで場所取りをしないといけない。
    PB030312.JPG
    GET。
    これにて今回の僕の仕事は終了だな。
    PB030313.JPG
    走り疲れて寝る人もいれば思い出のつまった写真を眺めている人も。
    行きと同じスタイルでまるでデジャブかと思うくらいのざねりん。
    本当よう呑みます。
    PB030317.JPG
    明石海峡大橋が見えてきた。

    これで今年のCRANK RIDE〜小豆島〜も無事終了!
    皆様本当にお疲れさまでした。




    今回は動画を撮影していなかったのでこちらでご了承ください。
    しかも歌詞付きです!






    PB030236.JPG
    松本さん
    小豆島いかがでしたでしょうか?
    パノラマ写真勝手に使わさせて頂きましたが、良かったですか?

    PB030242.JPG
    高田さん
    enveハンドル楽しみです。
    早く来ないかなー?

    PB030231.JPG
    岡さん
    寒霞渓楽しかったですね!
    岡さんがいてくれたおかげで登る事が出来ました!
    ありがとうございます。

    PB030232.JPG
    今井さん
    今回はざねりんの子守ありがとうございました。
    おかげでヤツも寒霞渓を足も着かず登りきることが出来ました。
    感謝です。

    伊藤さん
    ご近所なのでまた一緒に走りに行きましょう!

    PB030237.JPG
    ハマさん
    あのアタッコーは効きましたわ(笑)
    もう少し頑張ってトレーニングします。

    PB030248.JPG
    コンダトール
    マジでフロントをノーマルに変えるの?
    男だねー!

    PB030260.JPG
    安田さん
    今度BSモールトンのいじり方教えてください。

    PB030255.JPG
    和くん
    今回は車出してくれてありがとう!
    助かりました。

    PB030253.JPG
    だいちゃん
    目っ開いてんで。
    怖いわ。

    PB030262.JPG
    今吉さん
    どんな時も素晴らしい笑顔に元気をもらいました!
    次も面白いRIDE用意しときます!

    PB030258.JPG
    やっさん
    速なったねー
    お父ちゃんびっくりしたばい!
    来年は一緒に旅に行きたいねー

    PB030261.JPG
    ざねりん
    よう頑張った!
    今回はオイシイとこお前が全て持ってったな。
    今回だけやでしゃあなしやで。
    いやでもちょっとだけ見直したで。
    おつかれさん!



    いつもRIDEが終わると考えてしまう。
    皆んな僕がこのコースで表現したかったことを感じてくれただろうか?
    はたまた僕とは違う感覚でも楽しんでくれただろうか?

    無口に淡々とペダリングする人
    常に眉間にシワを寄せて走っているのに、目の前の景色が開ける度に口元が緩む人
    常に笑い話をしながら場の空気を軽くしてくる人
    いろんなスタイルが人にはある。
    でもRIDEが終わると皆この言葉に行き着くはず。
    僕がもう少し若く、いろんな事に夢を抱いていた時に好きだった言葉。
    「終わり良ければすべて良し。」
    今もこの言葉を心に持って行動しているが、僕の自転車はこの言葉とは違うことに最近気づいた。
    僕の自転車は過程、要はプロセスが一番大事なのだ。結果ではない。
    そして、こんな言葉がここ数年僕の心を突き動かす。
    「If You Want To Go Fast,Go Alone. If You Want To Go Far,Go Together.」
    (速く行きたいなら、一人で行きなさい。遠くへ行きたいなら、みんなで行きなさい。)

    このブログを読んでくださっている方でまだCRANK RIDEに来た事がない方。
    是非僕たちと一緒に走りませんか?
    決してレースやトレーニングではない自転車を感じてください。
    一緒に冒険に出かけましょう!

    G0067690.JPG

    IMG_9408.JPG

    IMG_9404.jpg

    大満 隼嗣

    コメント
    おはようございます^_^
    いつもブログ見させてもらってます。
    俺も自転車で小豆島行ったことありますが、
    とてもきれいなところですよね。
    • たくま
    • 2014/12/08 7:53 AM
    たくまさん
    こんにちは!
    小豆島は最高ですね。
    これからもよろしくお願いいたします。
    • 大満 隼嗣
    • 2014/12/30 6:15 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    mobile

    qrcode

    links

    profile

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    search this site.

    recommend

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM