Sport Craftersとういう選択

0
    大満です。


    もうすっかり季節は秋。
    関西シクロも開幕しましたね!
    僕の友人も今年一発目でC4からC3に昇格を狙っていたみたいですが残念ながらギリギリの3位で今回は昇格を逃してしまったみたいです。
    でも3位でも十分凄いですけどね!

    今回はSport Craftersのご紹介です。
    「Sport Craftersってなんぞや?」とおっしゃる方も多いかと思います。
    ざくっというとローラー台です。
    美容室がローラー台を販売?
    はい、販売しております。(まぁ、あまり細かい事を気にすると薄毛の原因になりますよ!
    冒頭でもシクロクロスの話が出ていましたが、最近ではシクロクロス会場でもSport Craftersを使用してアップされている方々もちらほらいらっしゃいますよね。
    P5270815.JPG
    これが今回ご紹介させて頂くSport CraftersのOmnium Trainer(47,000円
    あまり見慣れないタイプのローラー台ですね!
    ん?どうやって自転車を固定するのかって?
    では写真で説明致します。
    P5270814.JPG
    まずローラーの下に引いているプレートをくるりんぱっと広げます。
    P5270813.JPG
    続いてプレートのみをもう一度回転させ、両脇に刺さっている棒を抜いて取り付けます。
    P5270812.JPG
    両方とも棒を取り付けたらそのまま地面に向かって倒すだけ!
    ん?
    まだ分からない?
    P5270810.JPG
    ではこれならどうです?
    このOmnium Trainerは前輪を外してクイックレバーで固定するタイプのローラー台となります。
    P5270805.jpg
    前から
    P5270807.jpg
    後ろから
    今までの固定ローラーの様にリアを固定するタイプではないのでローラー台にバイクを取り付けるのもびっくりするほど簡単です。
    大きさも見ての通りびっくりするほどスマートです。
    しかもカッコイイ!(←※重要です!)
    外した前輪は前にポンと立てかければレース会場などでも邪魔になりません。

    このOmnium Trainerの凄いところを幾つかご紹介致します。
    P5270803.JPG
    まず、従来のリアを固定するタイプのローラー台の様にローラー専用のホイールやタイヤをご用意する必要はありません。
    というのもこのOmnium Trainerはタイヤの磨耗がほとんどありません。
    今お使いのタイヤのままご使用頂けます。
    その他、チューブラータイヤやシクロクロスなどのブロックタイヤもそのままご使用頂けます。
    そのおかげでリアホイールの交換など一番固定ローラーで面倒臭い作業がいらない為、よくある
    「ローラーやろうかな?でもセッティング面倒臭ぇーなー。やめやめビール飲もっ!」
    ってな事も少なくなるかと思います(笑)

    雨の日や仕事で遅くなって帰ってきても家で自転車のトレーニングができる!やはりローラー台の醍醐味はそんなとこにもあるのではないでしょうか?
    ですが、従来のローラー台でやはり気になるのが使用中の回転音。
    一軒家の方ならまだしも、マンションの方となるとやはり遅い時間のトレーニングはご近所様に気が引けてしまうのではないでしょうか?
    ですが、安心してください!
    このOmnium Trainerはとても静粛性が優れています。
    個人的に一番静粛性が優れているであろうローラー台はELITEのQUBO Power Fruidだと思っています。
    これは確かにとても静か。
    残念ながらOmnium Trainerの静粛性はELITEのQUBO Power Fruidほどではないですが、僕が知っている限りその次くらいには静かです。(他にも良いものはあると思いますが。)
    夜、マンションの方でもご使用して頂きやすいレベルの音だと思いますが、こればかりは正確に計測して数値を出しているわけではないので、できたら実際にCRANKにご来店いただいて聞いて頂いてからのご購入をお勧め致します。

    Omnium Trainerはご覧の通り折りたためばとてもコンパクトになります。
    ここまでコンパクトになるローラー台は他に無いのではないでしょうか?
    重量も6kgちょっとしかないので手軽に持ち運べます。
    当店ではお店で合同ローラー練を不定期ですがやっております。
    うちのチーム員のやっさんはローラー練の際にこのOmnium Trainerを手持ちの大きめのバックパックに入れて背中に背負って自走で参加しにきます。
    また、別のお客様はレースで遠征の際に車を相乗りしていく事が多いそうですが、今まででしたらアップ用に固定ローラーも一緒に持って行っていたそうです。
    さすがに一台の車に人数分のバイクと人数分の固定のローラー台(別にローラー用のホイールも)はキツかったみたですが、これなら大丈夫とおっしゃっていました。
    別売りになりますが、専用ケースも販売しております。

    ソフトケースのタイプ(5,800円)
    ハードケースのタイプ(19,000円)
    と二種類ご用意しております。
    必要であればお気軽にお申し付けください。

    さて乗り心地はというと?
    実は実走ではシッティングでも車体がペダリングに合わせて微妙に左右に傾いている事が多いのです。
    このOmnium Trainerはリアを固定していない為ペダリングの際にヘッドを中心に微妙にフレームが左右に振れます。
    それがとても実走に近い感じがします。
    「ローラーなのに楽しい!」
    ご購入いただいたお客様方からよくそんな言葉を耳にします。
    実走に近い感じを演出しているのはリアのローラーにも秘訣があります。
    Sport Craftersの特許技術ARCパワーモジュレーションテクノロジーがその秘訣。
    一見ただの三本ローラーの後ろをコンパクトにしただけに見えるこのローラー部分。
    実はローラー内にの強力な磁石が入っていて、その磁石がローラーの回転に合わせて動く事により抵抗が生まれるというもの。
    この磁石のおかげで回転が上がれば上がるほど抵抗が増し、より実走に近い感覚を得る事ができるのです。
    こちらも静粛性同様、言葉だけでは難しいと思います。
    CRANKではOmnium Trainerの試乗も随時やっております。
    ぜひご自分のバイクをお持ちになってご体感ください。

    固定ローラーの様に脱着が面倒臭くなく三本ローラーの様に落車の心配もいらない上ここまでコンパクトになるローラー台は他にないのではないでしょうか?
    これからのシクロクロスシーズン・冬場の室内トレーニング、Sport Craftersとういう選択もありかと思います。
    気になる方はお気軽にCRANKまでお尋ね下さいませ。
    P5270801.JPG

    P5270816.JPG

    大満 隼嗣

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    mobile

    qrcode

    links

    profile

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    search this site.

    recommend

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM