関西CX 第5戦美山

0

    大満です。

     

    関西CX 第5戦美山

    自分が出場できない悔しさはあるが、チーム員が頑張っている事に嬉しさを感じる。

    あと2戦は僕は参戦できないが是非とも引き続き頑張ってもらいたい。

    レースを走っていない自分に何も書く資格はなく、

    今回のレースレポートはチーム員の樽田にお願いした。

    いつもとは違う感じで楽しんでください。

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     

    樽田です。

    今回は大満以外のメンバーで参戦する事に。
    勿論いつものランクル号も無いので、僕の車に4名分のシクロバイクを積んで会場へ。
    全員車に乗り込んでさぁいくぞ!

    となったところで、屋所が開口一番、「今日のレースってどこでしたっけ?」と。
    おいおい、ヤル気あんのか!?道中は高級レザーシートに包まれ皆爆睡。
    さて、今回のレースコースは木の幹が路面に剥き出し、マッドコンディション箇所が多く、MTBライダー有利か。
    誉田以外の3人はC4Aで出走。
    レース直前はかなり寒く、何故かプロレスでウォームアップ。

     


    レース展開はと言うと、コケるコケる。

    ゼッケン10をつけてスタートした屋所だったが、僕の目の前でコケる。
    兎に角皆コケまくりのレース展開。
    僕は10番手位で2周目を走っていたが、目の前の選手がコケて、その上に乗っかって派手にコケる。
    直ぐに起き上がってさぁ行こうとした途端、

    「あれ?」

    ハンドルが左に曲がってる!

    元に戻らん!
    そこからは真っ直ぐ走ってるつもりでも左に寄ってしまい上手く走れない状態。
    それでも他の2人が追ってこない。
    どうやら2人もコケにコケまくったらしい。
    Bで1人出場した誉田は安全運転で泥場もコケない!

    終始マイペースで駆け抜けていた。

    笑 今回はチーム内争いは白熱しなかったが、コケた思い出が強く残ったレースとなった。

    次回は砂浜のあるコースに初チャレンジ。
    砂地獄に吸い込まれるのは誰か…

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     

    【第4戦    マキノ】
    1位 樽田         35:03/+2P
    2位 北川             35:21/+1P
    3位 屋所          35:35/0P
    4位 誉田              38:29/−1P

    未出走 大満                  0P

     

    【総合順位(ポイント制)】
    1位 屋所               +7P
    2位 樽田               +4P

    3位 大満               +1P
    4位 北川                0P

    5位 誉田         −8P







     


    CRANK

    大満 隼嗣

    樽田 章


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    mobile

    qrcode

    links

    profile

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    search this site.

    recommend

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM