関西CX 第4戦マキノ

0

    大満です。

     

    関西CX 第4戦マキノ

    前日仕事を終え準備やらなんやらやっていたらもう起きる時間。

    マキノよ遠いよ…

    この日は大阪も夜から霧が濃かったが、奥琵琶湖はもっと濃く5m先が見えないくらいで

    昔こんな状況の中、車を相乗りして仲間達と行った四つ打ちガンガンのレイブを思い出した。

    到着してみれば腹に響く低音はやはりなく、

    変わりにあったのはマキノのスキー場の斜面に綺麗に特設されたCXコースだった。

     

    今回は1日お休みを頂いての参戦だったため比較的ゆっくりする事ができた。

    いつもは見れないC1のレースを観戦できたのはとても刺激的で、

    燃えたぎっている僕のCX熱をさらに熱させた。

     

    C3のレースも面白かった。

    これ本当に一つ上のカテゴリー?

    八ヶ岳の辻啓やSKRKの高田君などがとても遠い存在に感じた。

     

    さて、僕たちTEAM CRANKのレースといえば、

    屋所がまさかの1列目スタート

    僕と樽田は2列目

    誉田は3列目

    北川はシード権がなかったので後ろの方で埋もれていた。

    結果的にいうと抜かれまくった。

    まぁほんと抜かれて抜かれまくったレースだった。

    チーム員の屋所というと、奴は一人カッ飛んでった!

    でもそんな事はどうでもよいくらい、僕と樽田は一騎打ちのレースの中のレースで熱いデットヒートを繰り広げていた。

    2週目前半までは視界も狭く何も考えれないくらい必死だったのに、

    2週目中盤から何故か急に視界が開けた。

    (霧が濃すぎて役に立たないサングラスを川上さんに投げつけたせいではないと思うのですがw)

    目に飛び込んでくるものに色がつき、

    耳にはうるさいくらいに沢山の音が飛び込んできた。

    そうなると今自分が何をすべきなのか、冷静に頭で考える事ができた。

    どうしたら目の前の樽田に勝てるのか?樽田の心をへし折る為にすべき事は?

    この後からは樽田に勝つ事だけを考えて走った。

     

    僕は12月はCXはお店の関係上お休みです。

    ですが、TEAM CRANKは今年残りのレースももちろん参戦しますので応援よろしくお願い致します。

     

     

    【第4戦    マキノ】
    1位 屋所         27:49/+2P
    2位 大満             31:28/+1P
    3位 樽田          31:40/0P
    4位 北川              33:07/−1P
    5位 誉田        35:43/−2P

     

    【総合順位(ポイント制)】
    1位 屋所               +7P
    2位 樽田               +2P

    3位 大満               +1P
    4位 北川               −1P

    5位 誉田         −7P

     

     

    IMG_1799.JPG

     

    IMG_2030.JPG

    Photo:Kei Tsuji

     

    IMG_2036.JPG

    Photo:Kei Tsuji

     

    IMG_2003.JPG

    Photo:Yoshihiro Takamaru

     

    IMG_2037.JPG

    Photo:Kei Tsuji

     

    IMG_2040.JPG

    Photo:Kei Tsuji

     

    IMG_2041.JPG

    Photo:Kei Tsuji

     

    IMG_2043.JPG

    Photo:Kei Tsuji

     

     

    CRANK

    大満 隼嗣

     

     

     


    関西CX 第3戦りんくう

    0

      大満です。

       

       

      第3戦りんくう

      第1戦と同じく第3戦もりんくう。

      コースに少し変更があったもののほぼ同じコース。

      スタート前に某フォトグラファーやC1ライダーのシゲオさんにライン取りを教えて貰ったのがとても勉強になった。

       

      今回のスタートではチーム員の屋所と方を並べスタート!

      今回は第1戦の時に比べ落ち着いてレースができた。

      腰に重い鈍い痛みを感じるも、心拍も思ったほど上がらず周りの声援に応える余裕すらあった。

      レースの中のレースでは屋所にしっかり負け悔しさが残る。

      シーズン中には勝てる様になりたい。

       

      次回もよろしくお願いします。

       

      【第3戦 りんくう】
      1位  屋所 32:52/+2P
      2位  樽田 33:03/+1P

      3位  大満 33:11/0P
      4位  誉田 36:23/−1P
      未出走 北川     0P

       

      【総合順位(ポイント制)】

      1位 屋所 5P
      2位 樽田 2P

      3位 北川 0P
      3位 大満 0P
      5位 誉田 −5P

       

      IMG_1379.JPG

       

      IMG_1677.JPG

      photo:Yoshihiro Takamaru

       

      IMG_1668.JPG

      photo:Kei Tsuji

       

      IMG_1673.JPG

      photo:Kei Tsuji

       

      IMG_1675.JPG

      photo:Kei Tsuji

       

      IMG_1676.JPG

      photo:Kei Tsuji

       

      IMG_1669.JPG

      photo:Kei Tsuji

       

       

       

      CRANK

      大満 隼嗣


      CX用NEWジャージ

      0

        大満です。

         

        テンションが上がります。

        CX用のワンピースが先日納品されました。

        これで気分だけは一丁前にシクロクロッサーになれるわけです。

        チーム全員でこのジャージに袖を通しレースできる事を嬉しく思います。

         

        今回もデザイン担当していただきました矢部様

        いつもカッコ良いデザインありがとうございます。

        チーム員全員とても気に入っております。

        このジャージに恥じぬ走りをしたいと思います。

         

        今回のニュージャージのデザインのポイントは右胸に新しい『千鳥屋』のロゴが入っているという事。

        特に深い意味はないのですが、当チームジャージは千鳥柄がモチーフですのでそのままですが『千鳥屋』でございます。

        応援の際は是非『千鳥屋ー!』と大きな声で声援を頂けると恐縮です。

         

        IMG_1176.JPG

         

        IMG_1175.JPG

         

         

         

        そうそう、当チームのレースの中のレース用にこんなものもつくってみました。

        タイム順/ポイント制のオリジナルルールです。


        【第1戦 りんくう】
        1位 樽田 35:06/+2P
        2位 屋所 35:58/+1P
        3位 大満 36:18/0P
        4位 北川 36:19/−1P
        失格 誉田 タイム不明/−2P

         

        【第2戦 スチールの森】
        1位 屋所 37:30/+2P
        2位 北川 37:45/+1P
        3位 大満 38:26/0P
        4位 樽田 38:29/−1P
        5位 誉田 40:26/−2P

        ※【ルール】
        1位 +2P
        2位 +1P
        3位 0P
        4位 −1P
        5位 −2P

        出場できなかった場合はそのレースは変動なしの±0Pとする
        4人出走であれば5位の−2Pは無しで4位の−1Pまでとする
        したがって、2人しか出走できなければその時点で勝ち点1は確定

         

        という事で今現時点の2レースの総合順位はこうなります。

         

        【総合順位(ポイント制)】

        1位 屋所 3P
        2位 樽田 1P

        3位 北川 0P
        3位 大満 0P
        5位 誉田 −4P

         

        是非こちらも今後のBlogと一緒にお楽しみください。

         

        IMG_1177.JPG

         

        CRANK

        大満 隼嗣

         

         


        関西CX 第2戦スチールの森京都

        0

          大満です。

           

           

          さてさて今回も午前中はお休みを頂いて、行ってきました。

          「第2戦スチールの森京都」

          コースとしては前回のりんくうよりも個人的には今回の方が好みかな。

          ただ舗装路の登りでとことんやられた。

          レースの中のレースでも負けた…

          が、まだいける!

          自分の位置がしっかり見えた事で、僕が今できることが分かった。

          諦めず一つ一つ目の前の課題をクリアしていく事。

          必ずもっと前に行けるはず。

           

           

          今回のレースの感想は

          第二戦にして既に

          「こんな気持ち良いコース、来年はこのコースをもっと早く走ってやる!」

          という気持ちで頭がいっぱいだ。

           

           

          それにしてもCXは楽しい!

          レースが終わってみんな咳きしながら笑い合ったり

          そそくさと会場を後しにて店の前で洗車している時まで楽しい。
          これは困ったものを覚えてしまった…

           

           

          次はまたりんくう

          次回もよろしくお願いします!

           

           

          PA302022.JPG

           

          PA302528.JPG

           

           

          PA303283.JPG

           

          PA303338.JPG

           

          IMG_1168.JPG

           

          CRANK

          大満 隼嗣

          関西シクロクロス初参戦!

          0

            大満です。

             

            午前中だけお休みを頂き、りんくう公園で行われたシクロクロスのレースにチームのみんなと初参戦してまいりました。

            かなり課題の残るレースデビューとなり今後がいろいろと思いやられますが、伸び代しかないと考えれば救われます。

             

            周りから野次を飛ばされ嬉しく思い

            自分の鈍臭さに絶句し

            チーム員と共にレースできる事に喜びを感じ

            まぁ結果から申しますと

            CXめちゃめちゃ面白いやんけー!

             

            また会場でうちのチームを見かけたら気軽に声かけて下さいね。

            次もよろしくお願いします。

             

             

            (Photo:仲川氏)

             

            (Photo:今井氏)

             

             

            CRANK

            大満 隼嗣


            CRANK小豆島RIDE 2016 

            0

              大満です。

               

              今年もCRANKは小豆島に行ってきました。

              CRANK小豆島RIDEも今年で早5回目になりました。

              今年は総勢28名もの方々に参加いただきました。

              うちね、自転車屋さんじゃなくて美容室なんですけどね(汗)

               

              僕たちはCRANKに集合してまずは神戸港を目指します。

               

              IMG_0250.jpg

               

               

              IMG_0359.jpg

               

              もちろん今年も前夜祭をしてからフェリーに乗り込みます。

              大所帯でぞろぞろ神戸の街を歩く。

              たかが数十キロ離れただけで街も人もガラリと変わる。

              神戸の街の人たちはなんかみんなシュッとしてはるなぁ。

               

              IMG_0253.JPG

               

               

              IMG_0254.jpg

               

               

              腹も肝臓も準備ができたらフェリーに乗り込みます。

              今年はバイクの数も多い分期待度も膨らみます。

              大人な僕たちはもちろんフェリーでは今年も静かに過ごしましたよ!

              今年は僕も上実も毎年の教訓を活かして耳栓とアイマスクを持参。

              快適に就寝する事が出来ました。

              僕は岡さんの寝顔が一番好きですw

               

              IMG_0255.jpg

               

              IMG_0259.jpg

               

              IMG_0264.jpg

               

              朝、あの名曲と一緒に起床。

              とりあえずジャンボフェリー名物のおいしい冷凍うどんを食べて目を覚まします。(一味多めがオススメです。)

              そうこうしていると今年も小豆島は坂手港に到着。

              毎年参加頂いている方々は慣れたもんで何も言わずともサクっとコインロッカーに荷物を詰め準備を済ましてくれます。流石です。

               

              IMG_0347.jpg

               

               

              今年もCRANK小豆島スタートした。

              今年は姫路から【Ease Cafe Cycling Club】の皆様も合流してくれるという事で福田港を目指す為時計回りで進行していきます。

              天気は気温共に今年一番の自転車日和ではなかったのだろうか?

              寒くもなく暑くもなくちょーど良いかげん。

               

              IMG_0271.jpg

               

              IMG_0273.JPG

               

              IMG_0313.jpg

               

              IMG_0311.jpg

               

              【Ease Cafe Cycling Club】と福田港で無事合流したら今回は東側吉田ダムの登り口から寒霞渓に入ります。

              吉田ダムの横の絶壁でクライミングをされている方々を横目に気持ち良く登ります。

              こちら側のルートは最初の序盤だけ斜度はあるものの後はマイペースに気持ち良く登れるルートで所々視界も開けるので登っていてとても楽しいルートです。

               

              IMG_0272.jpg

               

              IMG_0303.jpg

               

              IMG_0301.jpg

               

              IMG_0297.jpg

               

              IMG_0266.jpg

               

              28名全員が無事山頂に到着し、cyclowiredも撮り気持ち的にはお腹いっぱいな僕たちですが、さすがに腹が減ってきたので昼飯を食う為に下山。

              去年一昨年と西から登ったのですが、下ってみるとこちらの登りのエグさがわかります。

              こちらを下られる方は過信は禁物ですよ。

              一発目のヘアピンで「I can fly!!」なんて言いたくないでしょ?w

               

              IMG_0296.jpg

               

              IMG_0293.jpg

               

              IMG_0274.jpg

               

              IMG_0291.jpg

               

              今年も海を眺めながら食べれるラーメン屋さん【小豆島ラーメンHISHIO】

              人数が多い為土圧町周辺で一旦解散し各々が食べたいものを食べるのがCRANK小豆島スタイル。

              違うパックはお弁当を買って海を眺めながら食べたらしい。

              なんせ自由なのがCRANK RIDEなのだ。

              この後は毎年の事ながらお昼をゆっくりしすぎた為に帰りのフェリーの時間も押してきたので巻で進行。

               

              IMG_0287.jpg

               

              IMG_0281.jpg

               

              IMG_0277.jpg

               

              IMG_0278.jpg

               

              小豆島もサイクリストに段々と人気なスポットになってきたのか、帰りのフェリーでは初めて自転車を直置きというスタイルで乗船。

              最近当店の過去の小豆島RIDEのブログの閲覧数が地味に伸びているのは多分気のせいだろう。

              空もすっかり秋の雲となり、今年も年末が近づいてきているなぁとちょっとセンチな気持ちにさせられた今年の小豆島。

              今年も無事CRANK小豆島RIDEができて一安心でした。

               

               

              参加いただいた皆様

              この度も集まって頂きありがとうございました。

              もちろん来年もやりますので、来年の体育の日は今から空けといて下さいね!

              僕も今から来年の小豆島が楽しみです!

               

               

              IMG_0288.jpg

               

              IMG_0269.JPG

               

               

              CRANK

              大満 隼嗣

               

               


              RAPHA PRESTIGE KAMIKATUS

              0
                大満です。



                先日徳島県は上勝町で開催された「RAPHA PRESTIGE KAMIKATUS」へ今回はサポートスタッフとして参加してきました。

                もちろんTEAM CRANKも出場したのですが、今回僕は選抜メンバーではなかったのでRaphaの衣本さんにお願いしてサポートメンバーに加えて頂きました。





                金曜日の夜、高田さんと小倉さんにCRANKまで来ていただき一緒に徳島へ!

                道中は高田さんのあんな話やこんな話をきいてハラハラドキドキw

                上勝町に到着したのはam1:00くらいでした。

                皆もう就寝中で僕らも慌てて用意してくれていた布団に潜り込んだ。



                3時間くらい寝て起床



                朝ごはん

                IMG_1269.jpg

                の左上についていたケチャップ

                IMG_1270.jpg

                がどうも自己主張が激しいタイプみたいでソースだというのです。

                結局使わなかったので真相は闇の中へ。(誰か使った方どうだったか教えてください。)



                IMG_1272.jpg

                ブリーディングが始まります。

                ピリッとした空気が皆のこの後の期待と不安に拍車をかけこの一帯を覆っていた。

                僕も京都のRGRに出た時の事を思い出す。

                IMG_1280.jpg



                IMG_1276.jpg

                各チームスタートをきっていく。

                最初の記念撮影を済ませ5分間隔でスタート。

                もちろんTEAM CRANK出陣する。

                IMG_1302.jpg

                どことなく不安そうだ。



                アルベルト



                きたがーわ



                やっさん



                にしやん



                たるちゃん

                の5名

                IMG_1315.jpg



                IMG_1322.jpg



                IMG_1324.jpg



                IMG_1326.jpg



                IMG_1330.jpg

                出場するメンバー全員を見届け僕らの仕事も忙しくなっていく。

                とりあえず昨晩風呂に入れなかったのでゆっくり風呂に入り、

                IMG_1333.jpg

                コーヒーが飲みたかったので淹れる。

                うーん忙しい。



                僕らが任されたのはCP2でスタンプを押す係り。

                皆がCP2に到着するまでまだまだ時間があるので、このままのんびり空を眺めてても良かったのだが、どうもそういうわけにはいかない。

                なんせみんなが走っていると思うだけで体がウズウズしてくるのだから。

                僕たちはCP1までみんなを追うことにした。

                IMG_1335.jpg

                途中最後尾のチームを捉える。

                ここら辺から急に僕たちもテンションが上がっていく

                IMG_1344.jpg

                途中で車を止めて待たなければいけないチームに遭遇。

                そう、僕の愛してやまないTEAM CRANKだ!

                IMG_1345.jpg



                IMG_1348.jpg

                まずは樽ちゃんときたがーわとにしやんの3人が上がってきた。

                その後を少し遅れてアルベルトがやっさんにサポートされながら上がってくる。

                IMG_1351.jpg



                IMG_1352.jpg

                いいペース!まだまだ余裕がありそうだ。

                いっぱい伝えたいことはあったがうまく言葉が出てこない。

                「がんばれ!いけいけ!がんばれ!」としか言えなかった。

                IMG_1355.jpg

                CP1に合流しプレステージの空気を存分に楽しんだら今度は僕たちがCPを構えに。



                みんなが頑張っている頃僕たちはまたもやコーヒーを淹れ

                IMG_1282.jpg



                IMG_1284.jpg

                大富豪をして待つ。

                が、おもったより早く先頭チームが上がってきた。



                その後も続々と上がってくる。

                IMG_1366.jpg



                IMG_1367.jpg



                IMG_1368.jpg



                IMG_1371.jpg



                IMG_1377.jpg



                IMG_1388.jpg



                IMG_1392.jpg



                IMG_1398.jpg



                IMG_1401.jpg



                IMG_1402.jpg



                IMG_1403.jpg



                IMG_1407.jpg



                IMG_1408.jpg



                IMG_1410.jpg



                IMG_1411.jpg



                IMG_1412.jpg



                IMG_1414.jpg



                IMG_1413.jpg

                ここまでがCP2通過チーム

                この後のチームは足切りとなる。

                IMG_1417.jpg

                最後のチームが上がってきた。

                思わず高田さんも駆け寄る。

                IMG_1421.jpg

                ChanNu Cyclingだ。


                みんな足並み揃えて5人でCP2に到着。

                だが、彼らは残念ながらここを通過することは出来なかった。

                IMG_1426.jpg

                その悔しさから終始涙を流すちゃんぬに心が痛んだ。

                IMG_1425.jpg

                素晴らしいチームだ。





                IMG_1433.jpg



                IMG_1434.jpg

                アフターパーティーもちゃっかり参加させて頂き、楽しい時間を過ごさせて頂きました。

                とにかく玉ねぎが旨かったのが印象的だった。

                IMG_1431.jpg

                我らTEAM CRANKも12時間以内に無事完走!

                今回のプレステージは相当キツかったと思う。

                「チーム愛」を合言葉にこのプレステージに挑んだ5人。

                この経験が彼らに多大な影響与えたのは言うまでもない。



                最後にInstagramでのベストPhoto賞など各チームの表彰があった。

                残念ながらTEAM CRANKは表彰される事はなかったけど、俺のなかではお前ら5人が一番光ってたぜ!

                IMG_1438.jpg



                IMG_1435.jpg

                見事完走できたチーム、残念ながら出来なかったチーム。

                一つ空の下いろんな思いが交差しながらRAPHA PRESTIGE KAMIKATUSは幕を下ろした。





                翌朝はMCCライド in 徳島というソーシャルライドを開催。

                誰でも参加可能なrideで、地元のローディーの方々と一緒に走れる貴重な時間。

                僕もここでrideリーダーの仕事をさせて頂いた。

                IMG_1441.jpg



                IMG_1439.jpg

                ルイゾンの横がバイクラックになっていた。


                これがまためちゃめちゃかっこいい!

                IMG_1445.jpg

                rideはグループを数個に分けスタート。

                僕のグループにはTEAMCRANKの姿も。

                昨日は一緒に走れなかったのでチーム員達と一緒に走れる事が只々嬉しかった。

                高田さんとヒロ君とも一緒にライドリードできたのも良かった。

                ヒロ君は先頭を、高田さんは最後尾を。僕は真ん中で皆さんとコミュニケーションをとりながら走らせて頂いた。

                やっぱり高田さんとヒロ君はリードするのが慣れているだけあってパックがまとまるまとまる。

                IMG_1446.jpg



                IMG_1447.jpg



                IMG_1471.jpg



                IMG_1482.jpg

                途中数回パンクがあったりしたがこのrideも無事終了。

                これにて僕のRAPHA PRESTIGE KAMIKATUSの仕事は終了となります。





                最後に個人的に印象に残っている写真を

                IMG_1380.jpg



                IMG_1378.jpg



                IMG_1379.jpg

                お子さん達が応援メッセージを書いてくれたシューズにお子さんにプレゼントしたネックレス。

                僕だったらシューズに視線を落とすたびに目の前が涙で曇っちゃうだろうな。

                お父ちゃんカッコ良かったよ!







                Rapha Japanの皆様、この度は日頃体験できない事を体験させて頂きありがとうございました。

                心から感謝しています。

                IMG_1317.jpg

                RAPHA PRESTIGE KAMIKATUSに携わった全ての皆様

                ありがとう

                ありがとう

                ありがとう



                大満 隼嗣


                Rapha Prestige Kamikatsu × CRANK 秘境Ride

                0
                  大満です。

                  先日CRANK Rideで2年ぶりにあの秘境へ行ってきました。
                  今回の目的は今週末に徳島は上勝町で行われるRapha Prestige Kamikatsuの練習の為です。
                  2年ぶりの秘境は僕たちTEAM CRANKを歓迎してくれるのだろうか?

                  AM4:00
                  CRANKに集合
                  そそくさとバイクを積み秘境を目指す。
                  IMG_0957.jpg

                  IMG_0959.jpg
                  隣で爆睡するアルベルト。
                  今は体力を温存しとくがいいさ。
                  GOPR3120.jpg
                  今回のメンバーはもちろんPrestigeに出場するメンバー
                  樽田(たるちゃん)
                  北川(きたがーわ)
                  屋所(やっさん)
                  西本(にしやん)
                  誉田(アルベルト)
                  と僕の6人
                  このメンバーは実はグラベルに慣れていないメンバーばかり。
                  今回のRideでしっかりグラベルの走り方を体に叩き込んでもらえたらPrestigeでも心強いだろう。
                  GOPR3121.jpg
                  AM9:00CRANK Rideスタートです!
                  GOPR3123.jpg
                  今回アルベルトはNEWバイクで登場!
                  なんとKUALISのスチールをオーダーしていたのだ。
                  回転系のパーツはALL KINGでコンポはSRAMのForceだ
                  かっ、かっこいい。
                  GOPR3127.jpg
                  この日は気温も天気もカンペキ!
                  Prestige当日もこんな天気である事を祈る。
                  GOPR3134.jpg
                  最近は個人的な事情でチーム員とRideがなかなか出来なかったが、やっぱり皆で走るってめっちゃいい!
                  スタートして数kmで僕のテンションのボルテージは既にMAX
                  そりゃそうだ。このコースを発見した時からずっとチーム皆んなで走りたいと夢見ていた。
                  2年越しでやっと現実になった。
                  GOPR3136.jpg
                  足並みをそろえ進んでいく。
                  GOPR3149.jpg
                  自然と笑みが出てくるくらい気持ち良いコース。
                  やはり大阪の山々とは何もかもが違う
                  ここら辺に自宅があれば自転車乗りには天国だろう。
                  IMG_0965.jpg

                  GOPR3155.jpg
                  このルートは雰囲気の良いトンネルや景色などアトラクションが多い事も素晴らしい事の一つ。
                  GOPR3157.jpg

                  GOPR3158.jpg
                  写真は悪いが、トンネルは基本この様に手彫りのトンネルだ。
                  そんな中楽しくおしゃべりをしながら走っていると目の前の落石に気づかずそのまままさかのリム打ちをかましてしまった。
                  ほんまにただの凡ミス。
                  早々に修理を済ませ再スタート!
                  GOPR3160.jpg

                  GOPR3161.jpg
                  だんだんと道が荒れてきた。
                  この左手の大きな岩盤が見えてくると今回の最初のイベント、約20km続くグラベル区間だ。
                  GOPR3169.jpg
                  まずはガツンと登る
                  皆、慣れていない路面にハンドルを取られながらただがむしゃらにペダルを踏み降ろす。
                  ところどころ「うわッ!」とか「おおッ!」とか聞こえてくる。
                  僕はそんなメンバーに「目の前に視線を落とすな!顔を上げて前を向け!先のラインをよめ!」と喝を飛ばす。
                  グラベルでの走りはバイクコントロールも大切だが、まずはラインをよめないと話にならない。
                  GOPR3173.jpg
                  よし、いいぞ!
                  GOPR3178.jpg
                  よーしよし、いいぞ!いいぞ!
                  GOPR3179.jpg
                  って、オイっ!!!!

                  GOPR3181.jpg
                  少し登っただけでこの疲労感
                  おいおい、この先大丈夫か?
                  GOPR3185.jpg
                  舗装されている所で後続を待っていると「あっ、あああああ〜〜〜〜〜!」っときたがーわがポテッと倒れた。
                  おいおい、ほんまに大丈夫なんか?
                  GOPR3188.jpg
                  気を取り直しスタートする。
                  ああでもないこうでもないと各々でグラベルの走り方を習得しようと頑張っている
                  そんな背中を見てつい嬉しくなる。
                  といいつつも僕もまぁここ最近高強度のRideはしていない。
                  尻と腰に心地よい痛みを感じながら頑張った。
                  GOPR3194.jpg
                  このトンネルは万年水が溜まったいる。
                  しかもびっしり端から端まで。
                  ラインなんか選んでられない
                  そんな時は勢い良く突っ込むに限る!w
                  IMG_0964.jpg
                  こんなとこは脚を緩め慎重にいってしまったらハンドルを取られ水の中にドボンしてしまうだろう。
                  先ほどポテゴケしていたきたがーわも勇気を振り絞って突っ込む。
                  GOPR3204.jpg
                  まだまだグラベルは続く。
                  さすがに皆慣れてきたようだ。
                  日も上がりここまでくるとこの日はとにかく暑かった。
                  僕は冬用のジャージを着てきた事を後悔していた。
                  アルベルト以外は皆パンクしてしまったがここもささっとクリア
                  TEAM CRANKのルールでは1パンク/5分と決まっている。
                  各自手際良く済ませていた。
                  IMG_0961.jpg

                  IMG_0978.jpg

                  GOPR3218.jpg
                  グラベル区間終了間際、やっさんがまさかの地獄車をメイク!
                  どうやら前輪に太めの木の枝が入ってしまったらしい。
                  下がふかふかだったのもあり怪我もなくバイクも無傷だった。
                  GOPR3224.jpg
                  無事グラベル区間を抜けオンロードを走る。
                  「あれ?舗装路ってこんなに気持ち良かったっけ?」後ろできたがーわがつぶやく。
                  確かに。グラベルを走った後のオンロードってまるで氷の上を滑っているくらい滑らかに感じるよな!

                  小休憩を済ませ先を急ぐ。
                  なんてたってまだ30kmそこそこしか走っていないのに時刻は14:00
                  今日のコースは100kmであと70km近く残っているのだ…
                  GOPR3235.jpg
                  杉林を気持ち良く下る。
                  さーっとさーっとささささーーーっと下ってると杉林の間から真っ青な空が見えた。
                  ん?
                  違う。
                  海だ…
                  ひと山間違えて下ってしまった。
                  空と間違えたのは太平洋だった。
                  そのまま諦めて熊野まで下ることに。
                  熊野の駅まで行くと目の前にローソンの看板が飛び込んできた。
                  吸い込まれるようにローソンに飛び込みみんなカップ麺とおにぎりをほうばった。
                  「ずずずずーーー」「もしゃもしゃ」
                  コンビニの駐車場の端で大の大人がなりふりかまわず地べたに座りガッツク。
                  腹も満たされ余裕が出来てきたところで周りを眺めた。
                  うどん屋さん・パン屋さん。
                  おいおい。
                  僕らは相当切羽詰まっていたのだろう…

                  距離は10kmプラスになってしまったが頭もシャキッとし、これはこれで棚ぼた的に良かったのだろう
                  だが残る距離はこの時点で70km時刻は15:00を回っていた。
                  GOPR3241.jpg
                  今回のRideはやはりPrestigeを意識してのRideだったので誰かが遅れればその人にペースを合わす。
                  5人/1チームで走りきる事に重点を置いた。
                  チーム愛が全てだ!
                  GOPR3245.jpg

                  GOPR3247.jpg
                  だんだんと空が開けてきた。
                  山頂だ!
                  GOPR3248.jpg
                  空と海との境界線がわからないくらい青い。
                  僕は前回ここを走った時からチームのみんなでここに来たかったんだ。
                  また夢が一つ叶った。
                  GOPR3251.jpg

                  山頂には前回同様一の水トンネルが僕らを待っていた。

                  GOPR3258.jpg
                  ここもこのルートのお気に入りのポイントの一つ。
                  前回のMovieですが是非ご覧下さい。

                  まるでタイムトンネルです。

                  一の水トンネルを抜け三重県御浜町から和歌山県北山村に抜ける県道52号を走っていると目の前に急に現れるのが大丹倉。
                  GOPR3261.jpg
                  なにか言葉を発するのがおこがましいと思えるくらいの偉大さだ。
                  僕たちはただただ少年みたいに「すげー すげー」としか言えなかった。
                  大丹倉を後にし北山村を目指します。
                  GOPR3263.jpg
                  今回も吊り橋渡ってきました。
                  みんなで橋を揺らしながら走っているとアルベルトがマジで怖がっていたのが面白かった。
                  そんなにビビらんでええやんw
                  GOPR3266.jpg
                  日が傾いてきました。
                  この日の日没は18:00頃この時点で時刻は17:00過ぎ。
                  残り40km
                  やばい。
                  GOPR3268.jpg
                  太陽よ沈むな!
                  みんな踏め!踏め!
                  頑張れ!
                  全体的に遅れ気味だったアルベルトがここに来て完全に急ブレーキ。
                  チーム一丸となってアルベルトをサポートするが一向にスピードが伸びない。
                  GOPR3270.jpg
                  僕も久々のロングで膝が痛くなってきた。
                  これはやばい。
                  ダム沿いの細かなアップダウンがボディーブローのように効いてくる。
                  GOPR3269.jpg

                  GOPR3275.jpg
                  正直この最後の40kmが一番しんどかった。
                  GOPR3278.jpg

                  GOPR3279.jpg

                  IMG_0975.jpg
                  ローテしながらなんとかゴールへ!
                  GOPR3285.jpg
                  真っ暗。
                  こんな時にCAT EYEのライトは心強い。
                  最後の力を振り絞って前に出る。
                  最後は絶対一番前を引くって決めててん。
                  みんなに感謝の気持ちを込め最後細心の注意を払いながら引く。
                  絶対30kmは切らない、できたら35km以上、腰が痛い、唇カッサカサ、コーラ飲みたい…

                  19:00過ぎ
                  無事下北山に到着!
                  みんな体バッキバキ。
                  久々の110km無事完走!!
                  IMG_0967.jpg
                  この後はみんなで温泉に入って帰りました。
                  帰り車の運転で何度もグロッキーになっていたのはここだけの秘密です。

                  たるちゃん
                  たるちゃんがTEAM CRANKに加入して初めてのちゃんとしたRIDEでしたね!
                  どうでした?
                  こんなんどんどんやってきますんで今後とも宜しくね!

                  やっさん
                  グラベルいけるね!
                  めっちゃいい感じ
                  本番もその調子で頑張って!

                  にしやん
                  今度はここ家族で遊びに来たいねー
                  一度両家で相談しよう。

                  きたがーわ
                  影のリーダー頼むで!
                  当日もこの調子でお願いします。

                  アルベルト
                  がんばれ。
                  がんばれ。
                  がんばれ。

                  久々の秘境はやはり素晴らしかった。
                  ここにはなにか他の地域とは違ったものがある。
                  このコースはこれからも何度も何度もチームで大切に走り続けていきたい。
                  IMG_0976.jpg




                  我らTEAM CRANKは4月9日に行われるRapha Prestige Kamikatsuへ出場します。
                  当日僕たちを見かけたら気軽に声をかけてください。
                  変人だらけですが噛みつきはしませんのでw
                  僕は当日はサポートスタッフでどこかにいてると思います。
                  僕にも気軽に声かけて下さいね!

                  最後に藤井が作った前回のMovieをUPしときます。
                  Prestigeもええけど秘境もええよ。

                  では皆様徳島でお会いしましょう!!!



                  大満 隼嗣

                  CRANK RIDE〜2016年開運松原六社参り〜

                  0
                    大満です。
                    皆様あけましておめでとうございます。
                    本年もどうぞよろしくお願いします。
                    今年もゆる〜くCRANK RIDE始まりました!
                    毎年恒例の開運松原六社参りを1月3日に行いました。
                    朝10:00
                    阿舛美許曾神社に集合。
                    P1030512.JPG
                    今年はちびっ子も合わせると少し人数多目の19名。
                    継続は力なり?
                    張り子を12個制覇するまで続けますよ!変なコレクター魂が出てきましたね。
                    P1030508.JPG
                    さてさて去年も参加したうちの娘も2足歩行ができるようになりました。
                    今年は近所のお友達も一緒に参加してくれました。
                    こうやって友達ができるのは親としても嬉しいものです。

                    R0017811.JPG
                    今年も阿舛美許曾神社からスタートです。
                    P1030515.JPG
                    藤井もお正月なので大阪に帰ってきました。
                    P1030517.JPG
                    もちろん去年も参加してくれたこのお二人さんも今年も参加してくれましたよ。
                    二人とも成長した分、去年よりちょっとだけトレーラーも窮屈そうかな?

                    P1030521.JPG
                    では今年も元気よくいきましょう!
                    P1030525.JPG
                    今年は妻は車での参加です。
                    R0017817.JPG
                    二つ目の神社は屯倉神社。
                    後ろの掲示板の「とんどもちつき」が気になります。
                    どうなんでしょう?「とんど」「どんど」みなさんはどちらで呼びますか?
                    もちつきも楽しそうですねー。
                    今年の年末はCRANKの前で餅つきでもやりましょうか?
                    P1030531.JPG
                    ちびっ子達もちゃんと手を清めます。
                    P1030535.JPG

                    P1030536.JPG
                    お父さんとお母さんは何をお願いしてるのでしょうか?
                    お母さんは家族の健康でしょうか?
                    お父さんのお願いしている事はなんとなく想像つきますよねw
                    P1030542.JPG
                    去年結婚したコンダ夫妻
                    いい年にして下さいね!

                    R0017820.JPG
                    きたがーわことCARNKのご意見番
                    この人は2016年になっても独自の世界観で生きていくのでしょう。
                    テリヤキマックバーガーなんて子供の食べるものだと僕の大好きなテリヤキをディスっときながら、一番好きなパンはクリームパンだそうです。

                    P1030527.JPG
                    早々に抱っこ紐ではギブアップなご様子の娘。
                    この後は妻と一緒に車で周る事に。
                    来年はにしやんとこみたいにトレーラー導入しようかな?
                    お母ちゃん買うてー!

                    R0017822.JPG
                    3つ目はいつも書き初めをさせて下さる阿呆神社。
                    阿呆神社、今年まで僕はアホウ神社と思っていたのですが本当はアオ神社とよむそうです。
                    めちゃめちゃ失礼な間違いをしていました。
                    阿呆神社さんごめんなさいアホなのは僕でした。
                    R0017823.JPG

                    P1030546.JPG

                    P1030551.JPG
                    この方は今年は何を祈願しているのでしょうか?
                    P1030559.JPG

                    P1030562.JPG

                    P1030565.JPG

                    P1030571.JPG

                    P1030593.JPG
                    みんな上手に書けました!

                    阿呆神社のおっちゃん達も流石に4回目ともなると覚えてらっしゃいました。
                    「おーいつものにいちゃん達来たでー!」
                    「どんどん子供ふえるなー」
                    とありがたい事です。

                    そう考えたら4年連続晴れてるんやね。
                    R0017827.JPG
                    お正月で閑散とした商店街をみんなでワイワイ走ります。

                    お次は柴籬神社。
                    柴籬神社といえばこの茅の輪くぐりです。
                    乗っかっちゃってますけどね(汗)

                    P1030603.JPG

                    P1030605.JPG

                    R0017831.JPG
                    この後はちょっと一休み
                    正月早々ジャンクなマクドナルドへ!
                    でもこの辺三が日に空いているところがここくらいしかないんです。
                    きたがーわがディスってたテリヤキマックバーガー食べてやりましたw

                    R0017833.JPG

                    P1030612.JPG

                    P1030613.JPG

                    P1030614.JPG

                    P1030615.JPG

                    P1030616.JPG

                    P1030617.JPG

                    P1030619.JPG
                    独り者・子連れの家族・ご夫婦・新婚さん
                    各テーブル色があって良いですね!

                    お次は毎年恒例の恋みくじが引けるこの神社

                    布忍神社です。
                    P1030623.JPG
                    早速今年の恋みくじの結果発表といきましょう。
                    P1030628.JPG
                    まずはやっさん
                    「夢のような日々でした。鬼のようなひとでした。」
                    そうね。去年は夢のような日々を過ごしていましたね。
                    鬼だったかどうかは分かりませんが...

                    P1030629.JPG
                    続いてきたがーわ
                    「わたしには華がある。」
                    大丈夫!安心してください!
                    ないですよ。

                    P1030630.JPG
                    藤井
                    「愛は速攻。」
                    去年速攻乗り換えたもんねー

                    P1030631.JPG
                    樽ちゃん
                    「人は見かけ。」
                    大事!
                    でも、それじゃええ恋はできないよ。

                    P1030632.JPG
                    ざねりん
                    「どたんば せとぎわ 崖っぷち。」
                    今年31歳、実家住まい彼氏なし。

                    P1030634.JPG
                    コンダ・トール
                    「お気の毒。」
                    僕はなにも言えません。

                    P1030633.JPG
                    つづいて奥様
                    「どたんば せとぎわ 崖っぷち」
                    ???
                    なんでご結婚されているというだけで同じ言葉でも誰かさんとはこんなに印象がかわるのだろう?


                    藤原さん
                    「さよならはあまりに急。」
                    そうなんですか?

                    P1030636.JPG
                    坂口さん
                    「自分良ければすべてよし。」
                    あー、奥様の偉大さを感じます。

                    P1030637.JPG
                    奥様
                    「さよならはあまりに急。」
                    坂口さん日頃の行動を改めるなら今ですよーーーーー!!!!(汗)

                    P1030638.JPG
                    にしやん
                    「お気の毒。」
                    奥様がにしやんと結婚して?

                    P1030639.JPG
                    じゅんさん
                    「いつでも どこでも 誰とでも。」
                    今年も出張が楽しみですね。

                    P1030640.JPG
                    奥様
                    「速度をおとせ。」
                    旦那さーん!ストップ!ストーップ!

                    P1030641.JPG

                    「甘い汁は 俺が吸う。」
                    めちゃくちゃぴったりな言葉だと思います。はい。

                    P1030642.JPG
                    最後に僕
                    「わたしに落ち度はありません。」
                    その通ーーーーーーーり!!!
                    神様はよう分かってはる!
                    嫁さん、僕に落ち度はありませんよーーーー!!!


                    いやー、いかがでしたでしょうか?
                    独り身の皆様は胸に刺さる言葉が多かった様に感じます。
                    既婚者の方々、このおみくじのせいで喧嘩にならないように気をつけて下さい。

                    P1030644.JPG

                    P1030647.JPG

                    P1030645.JPG

                    P1030646.JPG
                    子供達も子供みくじを引いてここの神社も無事終了。
                    最後に我堂八幡宮へ行って一番最初の阿舛美許曾神社に戻ったらこの六社参りも終了です。
                    が、我堂八幡宮の画像を撮り忘れてしまったのでいきなり最後の阿舛美許曾神社へワープします。

                    P1030648.JPG
                    最後のスタンプを押してもらって
                    P1030650.JPG
                    今年のお猿さんの張り子を無事GETしました!
                    P1030654.JPG
                    やったね!!
                    R0017835.JPG
                    子供達は帰りの車のなかで気持ちよさそうに爆睡していました。


                    皆様のおかげで今年も無事六社参りができました。
                    今年もCRANKはこんな感じでゆるーくRideをやっていきますのでどうぞよろしくお願いします。
                    次のCRANK RIDEは3月21日春分の日の振替休日を予定しています。
                    ぜひ皆様ご参加お待ちしております。


                    P1030659.JPG

                    P1030664.JPG


                    CRANK 大満隼嗣

                    Sport Craftersとういう選択

                    0
                      大満です。


                      もうすっかり季節は秋。
                      関西シクロも開幕しましたね!
                      僕の友人も今年一発目でC4からC3に昇格を狙っていたみたいですが残念ながらギリギリの3位で今回は昇格を逃してしまったみたいです。
                      でも3位でも十分凄いですけどね!

                      今回はSport Craftersのご紹介です。
                      「Sport Craftersってなんぞや?」とおっしゃる方も多いかと思います。
                      ざくっというとローラー台です。
                      美容室がローラー台を販売?
                      はい、販売しております。(まぁ、あまり細かい事を気にすると薄毛の原因になりますよ!
                      冒頭でもシクロクロスの話が出ていましたが、最近ではシクロクロス会場でもSport Craftersを使用してアップされている方々もちらほらいらっしゃいますよね。
                      P5270815.JPG
                      これが今回ご紹介させて頂くSport CraftersのOmnium Trainer(47,000円
                      あまり見慣れないタイプのローラー台ですね!
                      ん?どうやって自転車を固定するのかって?
                      では写真で説明致します。
                      P5270814.JPG
                      まずローラーの下に引いているプレートをくるりんぱっと広げます。
                      P5270813.JPG
                      続いてプレートのみをもう一度回転させ、両脇に刺さっている棒を抜いて取り付けます。
                      P5270812.JPG
                      両方とも棒を取り付けたらそのまま地面に向かって倒すだけ!
                      ん?
                      まだ分からない?
                      P5270810.JPG
                      ではこれならどうです?
                      このOmnium Trainerは前輪を外してクイックレバーで固定するタイプのローラー台となります。
                      P5270805.jpg
                      前から
                      P5270807.jpg
                      後ろから
                      今までの固定ローラーの様にリアを固定するタイプではないのでローラー台にバイクを取り付けるのもびっくりするほど簡単です。
                      大きさも見ての通りびっくりするほどスマートです。
                      しかもカッコイイ!(←※重要です!)
                      外した前輪は前にポンと立てかければレース会場などでも邪魔になりません。

                      このOmnium Trainerの凄いところを幾つかご紹介致します。
                      P5270803.JPG
                      まず、従来のリアを固定するタイプのローラー台の様にローラー専用のホイールやタイヤをご用意する必要はありません。
                      というのもこのOmnium Trainerはタイヤの磨耗がほとんどありません。
                      今お使いのタイヤのままご使用頂けます。
                      その他、チューブラータイヤやシクロクロスなどのブロックタイヤもそのままご使用頂けます。
                      そのおかげでリアホイールの交換など一番固定ローラーで面倒臭い作業がいらない為、よくある
                      「ローラーやろうかな?でもセッティング面倒臭ぇーなー。やめやめビール飲もっ!」
                      ってな事も少なくなるかと思います(笑)

                      雨の日や仕事で遅くなって帰ってきても家で自転車のトレーニングができる!やはりローラー台の醍醐味はそんなとこにもあるのではないでしょうか?
                      ですが、従来のローラー台でやはり気になるのが使用中の回転音。
                      一軒家の方ならまだしも、マンションの方となるとやはり遅い時間のトレーニングはご近所様に気が引けてしまうのではないでしょうか?
                      ですが、安心してください!
                      このOmnium Trainerはとても静粛性が優れています。
                      個人的に一番静粛性が優れているであろうローラー台はELITEのQUBO Power Fruidだと思っています。
                      これは確かにとても静か。
                      残念ながらOmnium Trainerの静粛性はELITEのQUBO Power Fruidほどではないですが、僕が知っている限りその次くらいには静かです。(他にも良いものはあると思いますが。)
                      夜、マンションの方でもご使用して頂きやすいレベルの音だと思いますが、こればかりは正確に計測して数値を出しているわけではないので、できたら実際にCRANKにご来店いただいて聞いて頂いてからのご購入をお勧め致します。

                      Omnium Trainerはご覧の通り折りたためばとてもコンパクトになります。
                      ここまでコンパクトになるローラー台は他に無いのではないでしょうか?
                      重量も6kgちょっとしかないので手軽に持ち運べます。
                      当店ではお店で合同ローラー練を不定期ですがやっております。
                      うちのチーム員のやっさんはローラー練の際にこのOmnium Trainerを手持ちの大きめのバックパックに入れて背中に背負って自走で参加しにきます。
                      また、別のお客様はレースで遠征の際に車を相乗りしていく事が多いそうですが、今まででしたらアップ用に固定ローラーも一緒に持って行っていたそうです。
                      さすがに一台の車に人数分のバイクと人数分の固定のローラー台(別にローラー用のホイールも)はキツかったみたですが、これなら大丈夫とおっしゃっていました。
                      別売りになりますが、専用ケースも販売しております。

                      ソフトケースのタイプ(5,800円)
                      ハードケースのタイプ(19,000円)
                      と二種類ご用意しております。
                      必要であればお気軽にお申し付けください。

                      さて乗り心地はというと?
                      実は実走ではシッティングでも車体がペダリングに合わせて微妙に左右に傾いている事が多いのです。
                      このOmnium Trainerはリアを固定していない為ペダリングの際にヘッドを中心に微妙にフレームが左右に振れます。
                      それがとても実走に近い感じがします。
                      「ローラーなのに楽しい!」
                      ご購入いただいたお客様方からよくそんな言葉を耳にします。
                      実走に近い感じを演出しているのはリアのローラーにも秘訣があります。
                      Sport Craftersの特許技術ARCパワーモジュレーションテクノロジーがその秘訣。
                      一見ただの三本ローラーの後ろをコンパクトにしただけに見えるこのローラー部分。
                      実はローラー内にの強力な磁石が入っていて、その磁石がローラーの回転に合わせて動く事により抵抗が生まれるというもの。
                      この磁石のおかげで回転が上がれば上がるほど抵抗が増し、より実走に近い感覚を得る事ができるのです。
                      こちらも静粛性同様、言葉だけでは難しいと思います。
                      CRANKではOmnium Trainerの試乗も随時やっております。
                      ぜひご自分のバイクをお持ちになってご体感ください。

                      固定ローラーの様に脱着が面倒臭くなく三本ローラーの様に落車の心配もいらない上ここまでコンパクトになるローラー台は他にないのではないでしょうか?
                      これからのシクロクロスシーズン・冬場の室内トレーニング、Sport Craftersとういう選択もありかと思います。
                      気になる方はお気軽にCRANKまでお尋ね下さいませ。
                      P5270801.JPG

                      P5270816.JPG

                      大満 隼嗣

                      << | 2/21PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>

                      mobile

                      qrcode

                      links

                      profile

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      search this site.

                      recommend

                      others

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM